自己破産した場合、住宅ローンの連帯保証人にどのような影響がありますか?

ホーム住宅ローンと連帯保証人>自己破産した場合、住宅ローンの連帯保証人にどのような影響がありますか?

住宅ローンの借入人(債務者)の返済義務はなくなる

自己破産を申請し免責となれば、住宅ローンを借入している人(=債務者)は自宅を失うなど資産がなくなる一方で、以降の住宅ローンの返済義務は完全になくなります。
では住宅ローンの連帯保証人はどうかというと、債務者が自己破産・免責となっても連帯保証人自身の返済義務はなくなりません。





自己破産後も住宅ローンは存在する

自己破産により債務者の返済義務はなくなるのですが、これは住宅ローン自身がなくなるからではありません。
住宅ローンは自己破産後でも存在するのです。
住宅ローンは存在するのですが、自己破産・免責となった債務者はその返済を免除されるだけです。
したがって住宅ローンが残っている限りは、連帯保証人は債務者に代わって返済する義務を負うのです。

なお通常、住宅ローンの債務者が自己破産を申請した場合、銀行や住宅ローン保証会社などの債権者は自宅に担保設定している抵当権を行使し、自宅の売却資金を住宅ローンの返済に充当することになります。
これにより住宅ローンが完済となれば、連帯保証人の返済義務はなくなります。
自宅の売却資金で住宅ローンを完全に回収することが出来ない場合、残った住宅ローンに対しては引き続き連帯保証人の返済義務が残ります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%