会社にばれないように自己破産を行いたい

ホーム自己破産>会社にばれないように自己破産を行いたい

自己破産・免責となれば確かに借金の返済からは完全に免れることが出来ます。
ただし当然ながらその後の生活がありますから、自己破産の事実が会社に分かってしまうと、事情によっては会社を辞めざるを得ないことになってしまう心配はあります。

会社に自己破産が分かってしまうケース





では自己破産をすると会社に分かってしまうかどうかですが、裁判所から勤務先に自己破産の通知が行くわけではありませんので、基本的に会社が知ることはありません。
ただ全くないかというとそうでもありません。
管理者が銀行実務を通じて知っている、自己破産の事実が会社に分かってしまう主なケースは次の2つです。

1.会社や会社関係の共済会などから融資を受けている場合
これがあると完全にわかってしまいます。
自己破産を申請する際には、すべての借入金を申告しなければなりません。
一部の借入金だけ自己破産の対象とすることは出来ません。
したがって会社等からの借入金も裁判所に申告することになります。
こうなると裁判所から債権者、つまり会社宛に自己破産申請事実の通知がなされますから、会社は自己破産の事実を完全に知ることになります。

2.退職金の見積もりを会社に申請する場合
自己破産の申請の際には、退職金がどの程度になるかを算出しなければなりません。
どの程度になるか、例えば従業員規則などでわかるのであればそれで良いのですが、全く不明の場合には会社に照会をしなければなりません。
照会したからといって自己破産の申請だとすぐにわかってしまうわけではないのですが、「かんぐり」をされてしまう恐れはあります。
どのように会社に照会をするかは弁護士さん等に相談してみてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%