元夫の住宅ローンと連帯保証人である妻について

ホーム住宅ローンと連帯保証人>元夫の住宅ローンと連帯保証人である妻について

質問
私の妻は離婚歴があり、元夫の住宅ローンの連帯保証人になっています。
元夫の返済が滞っているようであり、先日、銀行から妻あてに返済するよう連絡がありました。
妻と一緒に弁護士に相談したところ、住宅は競売にかかり残った住宅ローンの返済があるので、妻は自己破産したらどうかと弁護士から言われました。
この方法はどうなのでしょうか?

回答
住宅ローンで購入した自宅不動産には銀行(住宅ローン保証会社)が抵当権を設定しています。
住宅ローンが返済出来なくなった場合、銀行(住宅ローン保証会社)は抵当権を行使して自宅不動産を競売にかけ、その代金を住宅ローンの回収に充当します。
競売代金で住宅ローンすべてが回収出来れば、もう連帯保証人である奥さんに返済の請求は行われません。





一方で、競売代金で住宅ローンすべてが回収出来ない場合には、その不足部分に対して連帯保証人である奥さんには引き続き返済の請求が行われます。
残った住宅ローンの金額にもよりますが、返済が困難な場合には弁護士さんの言うように自己破産・免責により返済義務から免れる方法は有力な選択肢だと考えます。
また残った住宅ローンを分割にて返済出来るのであれば、自己破産をせずに返済をしていくのも1つの方法です。

どの方法を選ぶかのポイントは残った住宅ローンを返済する資力があるかどうか、そして、そもそも論ですが、元夫が債務者であった住宅ローンを一部であるとはいえ、奥さんに返済する気持ちがあるかどうかだと考えます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達