国民健康保険料や住民税、電気料金などの公共料金の滞納などがあった場合、融資審査に響くのでしょうか?

ホーム個人ローンの審査>国民健康保険料や住民税、電気料金などの公共料金の滞納などがあった場合、融資審査に響くのでしょうか?

国民健康保険料や住民税、電気料金などの公共料金の支払い状況については個人信用情報の登録対象外です。
したがって滞納があったとしても直接には融資の審査に響くことはありません。
ただ国民健康保険料は滞納のまま放置しておくと、銀行口座の差押といった強制回収手段が取られることがあります。
差押がなされると、差押の対象となった預金口座の銀行はこの事実を知ることになりますから、個人信用情報に登録されていなくても、審査は非常に厳しいものとなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。