銀行がお金を融資してくれなくなるのはどういう状況の時ですか?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行がお金を融資してくれなくなるのはどういう状況の時ですか?

銀行融資の審査はいろいろな項目にわたって行われているのですが、行き着くところは融資したお金を返してもらえるかどうかという一点です。
この「お金を返してもらえるか」、つまり返済する能力・実力があるかどうかを判断するためにいろいろな項目にわたって審査をしているのです。
したがってお金を返す能力がない、あるいは乏しいと銀行が判断した場合には融資はしなくなるのです。

法人向け融資と個人向け融資で審査の手法は異なるところがありますが、共通しているのは返済能力なのです。
法人向け融資の場合には、決算書分析などを行って法人の返済能力を検討します。
個人向け融資の場合には、その個人の収入状況や安定性、他の借入状況等を総合的に判断して返済能力を検討しています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト