資金繰り改善マニュアル はじめに

ホーム資金繰り改善マニュアル>資金繰り改善マニュアル はじめに

管理人である私のところには毎日会社社長からの相談事があります。
私は銀行員で融資担当ですから、私への相談事の大半はお金に関すること、つまり会社の資金繰りに関してのことです。

資金繰りがきつい原因はいくつかに集約される

会社ごとにそれぞれ事情は異なります。
中には資金繰りがきついことはわかっていても、なぜ資金繰りがきついのかを明確に理解されていない場合もあります。
しかし管理人が個々の会社ごとに資金繰りがきつい原因を調べてみると、おおむねいくつかの理由に集約されています。
例えば、
・売上が減少していて資金繰りがきつい
・採算が悪化して資金繰りがきつい
・売上はまあまあだが、回収までの時間が長く資金繰りがきつい
・在庫を多く抱えすぎて資金繰りがきつい
・支払までの日数が短く資金繰りがきつい
・焦げ付きが発生して資金繰りがきつい
・経費がかかりすぎて資金繰りがきつい
・借入の返済が多く資金繰りがきつい
などです。

毎日の会社社長からの資金繰りに関する相談事を受けて、私がアドバイスしたものを順次まとめてみなさんにお知らせしていきます。

資金繰りの改善は必ず出来ます

資金繰りの改善は必ず出来ます。
しかし明日、明後日には出来ません。
少し時間がかかります。
でも対策を打てば必ず改善されます。
そんなノウハウを毎日の会社社長からの相談を受けた実務をもとにみなさんにお知らせしていきます。

資金繰り改善の第一歩は自社の資金状況をよく知ること

資金繰り改善の順序としてはまずは自社の資金繰りの実態をよく知ることです。
私の毎日の実務の中で意外に感じていることは、社長さんの中には自社の資金繰りがきつい理由をよく、あるいはほとんど認識していない社長が多いことです。
会社の資金繰りがきついことはわかっていても、なぜきついのかを理解していないのです。

資金繰りを改善にするには何だかの対策が必要です。
しかし資金繰りがきつい理由、原因を知らなければ、有効な対策を施すことなど出来ません。
したがって資金繰り改善の第一歩は自社の資金繰りの状況を社長みずからがよく知ることです。
その上で個々の原因に応じて対策を打って行きます。

【資金繰り改善マニュアル】の流れ

この【資金繰り改善マニュアル】では最初に資金つまりお金のことについて全体像をまず理解していただきます。
すでに「わかっているよ。そんなことは」と思われる方は確認の意味でご覧ください。

つぎに自社の資金繰りの実態の把握の仕方についてご案内します。
ここでなぜ自社の資金繰りがきついのか、その原因を知っていただけるはずです。

そしていよいよ個々の原因に対して対策です。
資金繰りがきつい原因はいくつかありますが、その原因に応じた1つ1つの対策をご案内していきます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。