融資の際、損益計算書と貸借対照表のどちらを重視しますか?

ホーム銀行員の決算書分析>融資の際、損益計算書と貸借対照表のどちらを重視しますか?

損益計算書も貸借対照表もどちらも銀行融資の際には重視しています。
「どちらか」ということはありません。





損益計算書は利益状況の確認に欠かせませんし、貸借対照表は融資先の資産・負債状況の把握に欠かせません。
融資の審査という視点に関して申し上げると、損益計算書も貸借対照表も直近期だけの状況を見るだけではなく、過去からのトレンドをよく見ています。
過去からのトレンドを把握することで、より融資先の実態を見つめることが出来ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%