経営が悪化していますがセーフティネットで融資を受けることは可能ですか?

ホーム赤字決算・債務超過のとき>経営が悪化していますがセーフティネットで融資を受けることは可能ですか?

セーフティネットの対象です
セーフティネット制度は売上が低下して資金繰りが悪化している場合に、信用保証協会の保証付にて銀行融資が受けられる制度です。
売上が低下しているということは経営の悪化につながりますから、セーフティネットの利用対象になります。

必ず銀行融資が受けられるとは限らない
しかし、だからといって必ずセーフティネット制度が利用出来るとは限りません。
経営が悪化しているということは、融資や保証を行う銀行・信用保証協会にとっては、融資後にきちんと返済が出来るのかどうか、非常に不安なところです。
この先も経営悪化の状態が改善できず、ただ単に現在の資金繰りを回すためであれば融資を受けることは難しくなります。



申込時のポイント
したがって申込時のポイントは今後の事業改善の可能性です。
事業改善に向けて具体的な計画の説明が必要となります。
その結果、事業改善の可能性があることが評価されれば、信用保証協会の保証を得て銀行融資が受けられる可能性が出てきます。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。