初年度が赤字だと銀行の融資は不利でしょうか?


ホーム起業・創業融資全般>初年度が赤字だと銀行の融資は不利でしょうか?

創業直後は赤字決算の先が多いのが実態です。
創業時にはいろいろな諸費用がかかりますし、営業基盤も安定していません。
したがって創業直後から黒字決算を確保するのは容易ではないことが多いはずです。

銀行融資の審査においては、もちろん赤字よりは黒字の方が有利です。
しかし赤字だからといって諦める必要もありません。
ポイントは今後どのようにして、事業を確立していくかです。
事業の継続可能性が認められれば、仮に初年度が赤字であっても銀行融資が受けられる可能性はあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト