運転資金が膨らむとなぜ利益を圧迫するのですか?

投稿日:

ホーム運転資金に関すること>運転資金が膨らむとなぜ利益を圧迫するのですか?

運転資金の増加は直接的には利益を圧迫することはありません。
しかし資金繰りは間違いなく厳しくなります。
増加した運転資金をすべて自己資金で賄うことが出来れば良いのですが、多くの場合には銀行融資などの資金調達を行う必要が出てきます。

そうすると銀行に利息を支払う必要が出てきます。
この支払利息が利益を圧迫することになります。
銀行融資の金額が少なければ、支払利息もそれほど多額にはなりませんから利益の圧迫度合いも小さくて済みます。
しかし銀行融資の金額が膨らんでくると支払利息も決してばかにならない水準になります。
支払利息のために赤字となってしまうケースも少なくないのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-運転資金に関すること
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.