資金繰り改善マニュアル 損益と資金収支が一致しない3つの原因

ホーム資金繰り改善マニュアル>資金繰り改善マニュアル 損益と資金収支が一致しない3つの原因

損益と資金収支が一致しない原因は3つあります。
この3つの原因を理解することが資金繰りの管理のコツをマスターすることにつながります。

損益と資金収支が一致しない原因その1 時間のズレ

損益と資金収支が一致しない1つめの原因は【時間のズレ】です。
時間のズレが売上と仕入れの2つの場面で起こります。

まず売上ですが、損益上(会計上)は商品を販売先に納入したときに売上が発生します。
一方でこの売上が最終的に現金として回収されるのは、現金売上の場合を除いては多くの場合は、1ヵ月後とか2ヵ月後とか先の話になります。
これは会社の商売においては多くの場合、掛売りで販売するケースが多いからです。
掛売りの間は売掛金とか受取手形の勘定が発生することになります。

したがって売上が発生したときはまだ現金として回収されていませんから、売上発生と同時に資金収支がプラスされることはありません。
売掛金が現金として回収されたときはじめて売上と資金収支が一致することになります。

つまり売上があったからといって即現金が増えるわけではありません。
現金が増えるのは後の時点です。

同じように時間のズレは仕入れの場面でも起こります。
販売用の商品の仕入れを行っても、その商品が売れるまでは損益上(会計上)仕入れ、つまり売上原価は発生しません。
つまり損益上はマイナスにはなりません。

一方で商品の仕入れ代金は多くの場合売上が発生する前にその支払期日が到来しますから、先に現金が出て行く、つまり資金収支がマイナスになることになります。
手元の現金が減るということです。

整理すると販売用の商品を仕入れを行った場合、資金収支はマイナスつまり現金が減りますが、損益上はまだ仕入れつまり費用は発生していませんから、損益と資金収支は一致しないのです。
仕入れの場面で損益と資金収支が一致するのは仕入れ後その商品が販売されたときはじめて一致することになります。

損益と資金収支が一致しない原因その2 借入金

損益と資金収支は一致しない2つめの原因は借入金についてです。
銀行借入を新たに行った場合と、その借入金を返済する場合を考えてみます。

銀行借入を行った場合、当然資金収支はプラスに働きます。
手元の現金は増えます。
一方銀行借入は損益上(会計上)は利益とはなりません。
つまり銀行借入は損益上はプラスにもマイナスにもなりません。

また銀行借入を返済する場合、当然現金が減ることになりますから、資金収支はマイナスに働きます。
一方銀行借入の返済は損益上(会計上)は費用とはなりません。
つまり銀行借入の返済は損益上はプラスにもマイナスにもなりません。

要するに銀行借入とその返済は資金収支には影響しますが、損益上はまったく影響しません。
つまり資金収支と損益は永遠に一致しません。

損益と資金収支が一致しない原因その3 設備投資

損益と資金収支は一致いない3つめの場面は設備投資に関してです。
機械を購入したとします。
この購入代金の支払は当然資金収支に代金全額がマイナスに働きます。
一方で損益上(会計上)はその代金の一部、つまり減価償却の部分しか費用として計上されません。

つまり設備投資を行った場合、代金全額の現金が減ることになりますが、損益上の費用はその一部分しか発生しません。
資金収支のマイナス分の一部しか損益上はマイナスとはならないのです。

また機械購入後は代金の支払はありませんから、現金は減りません。
しかし損益上はその後数年間は減価償却という費用が発生します。
つまり資金収支はまったく変わらないものの、損益上は費用が発生することになります。

資金収支と損益は【時間のズレ】【借入金】【設備投資】の3つの原因で不一致になることを覚えておいてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。