はじめてのカードローン

ホームカードローンの基礎>はじめてのカードローン

カードローンは必要な時に随時借入が出来る極度型の便利な融資商品で、実際に多くの人たちが利用されています。
借入手続きも最初の審査時だけは書類の提出等がありますが、以降はカードローンカードを使って銀行やコンビニなどのATMコーナーにて現金引き出しと同じ方法で借入することが出来ます。
借入金額にもよりますが、普通はそれほど毎月の返済額の負担感も少なく、返済が進んだ分は再び限度額までは繰り返し利用出来る利便性もあります。
このような利便性から色々な層の人から支持を得て、多くの利用がなされています。

このような人気のカードローンですが、その種類はたくさんあります。
銀行のカードローン、銀行のグループ会社のカードローン、クレジットカードに付随しているカードローン、信販会社取り扱いのカードローン、消費者金融会社のカードローン、各種金融業者取り扱いのカードローンなど実にたくさんあります。
たくさんあるわけですが、カードローンという機能はほぼ同一です。
では何が異なるかというと、利率や最高限度額、審査基準が主に異なる点です。
一般的には銀行カードローンが利率が一番低く、最高限度額が高額である傾向があります。
また審査基準は銀行カードローンがもっとも高いと言えます。

このように多種多様なカードローンがあるわけですが、はじめてのカードローンを利用される場合には、何よりも銀行カードローンをおすすめします。

銀行カードローンの貸し手は銀行自身

銀行カードローンをおすすめする1つの理由としては、貸し手が銀行そのものであるという点です。
もちろん銀行以外の貸し手が良いとか悪いとかということではありませんが、客観的に考えてやはり銀行からの融資はもっとも信用力が高いと考えられます。
はじめて借入するのであれば、まずは銀行からということです。
また将来的に住宅ローンなどを計画されているのであれば、銀行カードローンの利用はそれほど大きなマイナスとはならない傾向があります。

利率が低い

銀行以外のカードローンの金利も低いところがありますが、総じて銀行カードローンがもっとも低利率だと言えます。
利率が低いということは借り手の信用力が高いということの表れでもあります。

銀行カードローンははじめてだと通りやすい

銀行カードローンというと審査基準などハードルが高いというイメージがありますが、決してそんなことはありません。
普通の生活をしていて、はじめてのカードローンであれば審査に通る確率が高いと言えます。
つまり収入の多い少ないではなく、収入が安定しており普通の生活を営んでいれば銀行カードローンの審査は通るということです。

メガバンクの銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。