資金繰り改善マニュアル 資金繰りが苦しくなる8つの原因

ホーム資金繰り改善マニュアル>資金繰り改善マニュアル 資金繰りが苦しくなる8つの原因

資金繰りが苦しい場合、当然その改善策を講じなければゆくゆくは事業の継続が難しくなります。
しかしなぜ資金繰りが苦しいのか、その原因を把握しなければ効果的な資金繰りの改善策をうつことが出来ません。

現金は本当に正直です。
会社の業務が順調に軌道に乗っているときは資金繰りは楽になります。
逆に会社の業務に何かしらの改善が必要な場合、資金繰りはきつくなってきます。

資金繰りは決算書以上に会社の実情を正直にあらわしています。
決算書は黒字決算であるにもかかわらず、資金繰りが破綻し倒産してしまうケースがよくあることはご存知のことと思います。
決算書では必ずしも現れない会社事業の問題点が資金繰り上は正直に現れてくるのです。

私たち銀行員が会社の融資審査を行う場合、決算書の数字を鵜呑みするのではなく、資金繰りはどうなっているのかも分析し判断しています。
資金繰りが一番会社の実情を表しているからです。

資金繰りの改善は会社をますます強くすることにつながります。
当然決算書の数字もよくなり、銀行の信用格付も上昇し、より有利な条件で融資を受けることが可能になります。



資金繰りの改善は当面の資金面の問題を克服するのが最大の課題であるにせよ、それは会社をより筋肉質にすることにもつながるのです。

資金繰りがきつくなる、苦しくなる場合は必ず原因があります。
資金繰りが苦しく私のところにはほぼ毎日のように銀行融資の相談がありますが、調査をしてみるとおおむね次の8つの原因に集約されます。

その8つの原因は
1.売上が増加しているとき
2.売上が減少しているとき
3.売掛期間が長期化しているとき
4.買掛期間が短縮化しているとき
5.在庫水準が多いとき
6.設備投資負担が重いとき
7.借入金の返済負担が重いとき
8.無駄な投資をしているとき
です。

それぞれの原因がなぜ資金繰りを圧迫するのか、そのメカニズムは順次ご案内していきますが、ここでは上記の8つの原因が資金繰りを圧迫することを認識してください。

あなたの会社の資金繰りの問題点もこの8つのどれか、あるいは複数の原因に必ず当てはまるはずです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。