信用保証協会融資

保証協会からの借金の保証人であった亡き父の代わりに、返済する義務はありますか?

ホーム信用保証協会と連帯保証人>保証協会からの借金の保証人であった亡き父の代わりに、返済する義務はありますか?

保証人が亡くなった場合、その保証債務も相続の対象となりますから、保証人の子供などの相続人は保証人としての責任を引き継ぐことになります。
したがって信用保証協会保証付の融資の保証人であった方が亡くなった場合、その相続人が保証人となりますから、信用保証協会は相続人に対して返済の請求が行われます。

実際、私の担当先であった会社の社長から信用保証協会から身の覚えのない返済の請求を受けて困っているとの相談を受けたことがあります。
よくよく調べてみると、この社長の父が信用保証協会の保証人になっており、その父が亡くなったため、相続人である上記社長に対して返済の請求がなされていることがわかりました。

保証人が亡くなればそれで終わりということはありません。
保証人の相続人が保証債務を引き継ぐことに注意をしてください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会融資
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.