保証協会からの借金の保証人であった亡き父の代わりに、返済する義務はありますか?

ホーム信用保証協会と連帯保証人>保証協会からの借金の保証人であった亡き父の代わりに、返済する義務はありますか?

保証人が亡くなった場合、その保証債務も相続の対象となりますから、保証人の子供などの相続人は保証人としての責任を引き継ぐことになります。
したがって信用保証協会保証付の融資の保証人であった方が亡くなった場合、その相続人が保証人となりますから、信用保証協会は相続人に対して返済の請求が行われます。





実際、私の担当先であった会社の社長から信用保証協会から身の覚えのない返済の請求を受けて困っているとの相談を受けたことがあります。
よくよく調べてみると、この社長の父が信用保証協会の保証人になっており、その父が亡くなったため、相続人である上記社長に対して返済の請求がなされていることがわかりました。

保証人が亡くなればそれで終わりということはありません。
保証人の相続人が保証債務を引き継ぐことに注意をしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達