父親が信用保証協会から代位弁済してもらうと子供は信用保証協会を使えなくなるのでしょうか?

投稿日:

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>父親が信用保証協会から代位弁済してもらうと子供は信用保証協会を使えなくなるのでしょうか?

質問
父が以前事業をやっていて銀行融資を返済出来なくなり、信用保証協会に代位弁済してもらっています。
信用保証協会に返済はしていません。
そうすると子供も信用保証協会を使えなくなるのでしょうか?

回答
父が存命中の場合、父と子供が生計を一緒にしていると子供も信用保証協会を使うのは困難になります。
信用保証協会は代位弁済中の債務者に新規の保証は行いません。
そして債務者と子供が別人であっても、生計を一緒にしている場合には子供に新規の保証を行うことは、代位弁済中の父に新規の保証を行うのと同一の効果が認められます。
分かりやすく言えば、子供を通して代位弁済中の父に新規の保証を行うこととなります。
このため、生計を一緒にしている子供も信用保証協会の利用が出来ないのが現実です。

管理者の実務経験においてつぎのような事例がありました。
父が造園業を行っていて、やはり信用保証協会の代位弁済を受けるとともに、その父は自己破産をしました。
このような状態で子供は独立して、やはり造園業を営んでいます。
子供の造園業は父の事業を引き継いだわけではなく、まったく独立して行われています。

その後、銀行融資を受けるために子供は信用保証協会に保証申し込みを行いましたが、結果はノーでした。
理由としては代位弁済した父が子供の造園業を多かれ少なかれ手伝っていることでした。
このケースの場合、父と子供は生計は一緒ではなかったのですが、父が子供の仕事を手伝っていたのです。

要するに子供に新規の保証を行うことは、直接的にせよ間接的にせよ、代位弁済した父に利益が生じる可能性があることを信用保証協会は敬遠したのです。
このぐらい信用保証協会の対応は厳格です。
なおその後、父が健康面の理由もあり子供の仕事を手伝うことはやめました。
そしてその後、確か2,3年後だったと思いますが、ようやくその子供は信用保証協会の利用を認められた経緯がありました。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会保証付融資の代位弁済
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.