信用保証協会は他の保証人との負担割合をゼロにしているのですか?

ホーム信用保証協会と連帯保証人>信用保証協会は他の保証人との負担割合をゼロにしているのですか?

例えば300万円の借入に対して保証人が3人いる場合、保証人一人ひとりの負担割合は100万円になるのが原則です。
つまり保証人同士は平等に負担を按分するということです。
これに対して信用保証協会は他の保証人との関係で、負担を平等に按分するということを行わないのです。





例えばA株式会社が銀行から信用保証協会保証付融資を1,000万円受けていたとします。
この時、A株式会社の代表取締役B社長はこの融資の連帯保証人とします。
A株式会社が返済出来なくなった場合、信用保証協会は銀行に対して1,000万円全額を返済します。
これを代位弁済といいます。
他の保証人と按分に負担するとした場合、信用保証協会と連帯保証人B社長の負担割合はそれぞれ500万円となります。
すると、信用保証協会は1,000万円全額を返済したにも関わらず、B社長には500万円しか請求出来なくなります。
このようなことにならないように、信用保証協会は他の保証人との関係で負担割合をゼロとし、B社長に1,000万円全額を請求出来るようにしているのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%