資金繰り改善マニュアル 売掛期間の長期化は資金繰りを悪化させる


ホーム資金繰り改善マニュアル>資金繰り改善マニュアル 売掛期間の長期化は資金繰りを悪化させる

売掛期間、つまり売上が発生してからその代金を現金として回収するまでの期間が長くなると資金繰りは間違いなく苦しくなります。
このことは理解しやすいことだと思いますが、念のため説明します。

商品と引き換えに現金を回収する、つまり現金商売の場合は売掛期間を考える必要はありませんが、大半の商売は掛売りの形態となっています。
例えば商品を販売して1ヵ月後に代金である現金を回収するとかです。
この場合の売掛期間は1ヶ月となります。

この売掛期間が2ヶ月となったらどうでしょうか?
つまり商品を販売してから2ヵ月後に代金である現金を回収する場合です。
今までより1ヶ月間現金が入ってくるのが遅くなるわけです。
当然資金繰りは悪化しますよね。

売掛期間が長期化するケースとしては、
・相手先より取引条件の見直し要請があった場合
・相手先の資金繰りが苦しくてなかなか代金が回収出来ない場合・売上を確保したいために自社に不利な条件で契約をしている場合
・こちらからの代金請求が遅れた場合
などがよくある例です。

どれも悪い事例ばかりです。
つまり売掛期間の長期化は資金繰りを悪化させるだけでなく、事業そのものにもよくありません。

売掛期間を短くし資金繰りを楽にする方法はまた別途ご案内しますが、ともかくも売掛債権の管理はとても重要です。
この管理がずさんであると間違いなく資金繰りに悪影響を及ぼします。

実務を通じてたくさんの中小企業のみなさんから売掛管理の悩み事を受けていますが、意外に多いのが販売先にきちんと請求が出来ていないということです。
中小企業のみなさんは実に多忙です。
特にお金が絡む売掛管理などは社長自らが行っている場合が多いです。
社長自身の負担が重過ぎて、わかっていても販売先に請求がきちんとできていないということです。

請求書がないと相手先も管理上代金を支払をしないことが多いと思います。
請求書をきちんと発行することは資金繰りを楽にする最も基本でかつ自力で出来ることです。

市販のソフトで簡単に請求書が発行できるものもありますから、こういったものを活用して売掛管理はきちんと行いましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト