銀行融資用語集 自己査定

投稿日:

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 自己査定 

銀行自身が主に回収可能性の観点から融資などの債権について査定することを自己査定と呼んでいます。
通常は3月と9月の年2回、自己査定を行っています。
自己査定結果に基づいて、銀行は貸し倒れに備えた引当を計上することになります。

回収可能性が高いと判断された場合には、その融資先については今後とも新たな融資を検討することになります。
逆に回収可能性が低いと判断された場合には、その融資先については新たな融資は原則として行わず、一定の方針のもとに融資の回収のみに注力することになります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資用語集
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.