銀行融資用語集 自己査定

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 自己査定 

銀行自身が主に回収可能性の観点から融資などの債権について査定することを自己査定と呼んでいます。
通常は3月と9月の年2回、自己査定を行っています。
自己査定結果に基づいて、銀行は貸し倒れに備えた引当を計上することになります。



回収可能性が高いと判断された場合には、その融資先については今後とも新たな融資を検討することになります。
逆に回収可能性が低いと判断された場合には、その融資先については新たな融資は原則として行わず、一定の方針のもとに融資の回収のみに注力することになります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。