銀行融資用語集 真水

投稿日:

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 真水

真水とは銀行融資の増加額のことです。
銀行融資で多く用いられる方法に現在の融資と追加の融資を一本にするケースがあります。
つまり追加の融資で現在の融資を完済するのです。

例えば現在の融資が1口1,000万円残っているとします。
この状態で新たな別の銀行融資1,000万円を受ける方法もありますが、これでは以降は2口の融資の返済をすることになり、返済負担が増加してしまいます。
これを避けるために、追加の融資を2,000万円行い、現在の融資1,000万円を完済することにより、今後は2,000万円の融資1口を返済していくことになります。
一概には言えませんが、1,000万円の融資2口の返済よりも2,000万円の融資1口の返済の方が返済負担が抑制される効果が期待出来ます。

そして2,000万円の融資と同時に現在の融資1,000万円を完済することにより、手元には1,000万円の資金が残ることになります。
この手元に残る1,000万円を真水と呼んでいるのです。



-銀行融資用語集
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.