カードローンがたくさんあると住宅ローンは難しいですか?


ホーム住宅ローンとカードローン>カードローンがたくさんあると住宅ローンは難しいですか?

一概には言えませんが、利用している、していないに関わらず、多数のカードローンの契約があると住宅ローンの審査が通りにくくなるのは事実です。

カードローンは極度型と呼ばれる融資商品です。
例えば極度100万円の場合、原則として100万円まではいつでも自由に借入することが出来ます。
このため住宅ローンの審査においては例えばカードローンの利用残高が0円であったとしても、極度までは借入があるものとして審査が行われます。
したがってカードローンをたくさん保有していると、たとえ未利用であったとしても、場合によっては多額の借入があるものとして住宅ローンの審査が行われることになります。

住宅ローンの審査基準に返済比率と呼ばれるものがあります。
返済比率は【年間返済額÷年収】によって求められますが、カードローンにおいては極度まで借入があるものとして年間返済額が計算されますので、返済比率を上昇させる原因となります。
この返済比率が原因で住宅ローンの審査が通らないケースは決して少なくありません。
したがって不要なカードローンは今から解約しておくことも大切です。

photo by: dphiffer
◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト