資金繰り改善マニュアル 売掛サイトを短くする

更新日:

売掛回収期間と資金繰り

資金繰りを圧迫する大きな要因の1つに売掛債権を現金として最終的に回収するまでの時間が長いことがあげられます。
私が申し上げるまでもないことですが、仕事で商品を販売してもその売上代金を現金として回収するまではその仕事は終わったとはいえません。
商品を販売するまでにはいろいろなコストつまり資金が出ているはずです。
商品の仕入代金や人件費、運送費等です。
これらのコストつまり資金は商品を販売してそれを現金として受け取ることではじめて回収することができます。
また仕入代金などのコストは商品を販売する前に出て行きます。
商品を販売する前に資金が必要なわけですから当然資金繰りを圧迫します。
商品販売代金がなかなか現金として回収できなければそれだけ資金繰りが圧迫される期間が長くなります。
したがって商品販売代金を早期に現金として回収することは資金繰りを改善する上で欠かせないポイントです。

売掛サイトを短くするには

ではどうやって売掛サイトを短くすればよいのでしょうか?
これにはいろいろな方法があります。
その1つ1つについては順次ご案内していきますが、最初にご案内するのは販売する取引先に対して売掛サイトを短くして欲しいと依頼することです。
つまり「早く払ってくれ」とお願いすることです。
ただ取引先にとっては早く払うことはその取引先の資金繰りを圧迫することになります。
したがって簡単には応じてもらえません。
特に昔から取引している相手ほどなかなか早く払ってくれと依頼するのは難しいことです。
そう簡単には早く払ってもらう、つまり売掛サイトを短くすることは実現しませんが、機会あるごとに相手の顔色を見ながら言い続けることが大切です。
相手に依頼しなければ売掛サイトを短くして資金繰りを楽にすることは絶対に出来ません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-資金繰り改善マニュアル
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.