資金を効率よく活用する

ホームニュース・新聞記事から学ぶ資金繰り>資金を効率よく活用する


「商社、取引先の株手放す」という新聞記事がありました(日経新聞 2012年6月30日)。
記事の内容は商社が取引先の上場企業株式の保有を減らしているというものです。
その理由は「出資先の業績が悪化して無配に転落し資金が寝ているだけ」「資金を効率よく活用する必要がある」といったものです。

このことは中小企業の資金繰りにおいても見習うべき事柄だと思います。
中小企業においては取引先の株式を保有しているということは少ないと思いますが、一方で効率の悪い資金活用の例は決して少なくありません。
一例をあげると、
・遊休資産への投資
・代表者や関係会社などへの貸付金
・業務とは関係のない投資(ゴルフ会員権や会員制リゾート施設など)
・過度の保険
といったものです。





上記例は本業への貢献度合いは少ないはずです。
これらに回っている資金を業務に使えば、本業の収益性が高まるばかりではなく、資金繰りの改善に大いに期待出来ます。
さらには無用の銀行借入を圧縮することも可能なはずです。
銀行から見ても、本業外への投資が多い取引先に対しては融資に二の足を踏みます。
資金の効率を良くし資金繰りを改善するためにも、投資内容の見直しをぜひお勧めします。

photo by: jojobombardo




◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%