銀行融資の社会性

ホームニュース・新聞記事から学ぶ資金調達>銀行融資の社会性

日経新聞 2012年6月25日
「凸版、高負荷ガスを削減 生産工程で環境対策深掘り
YKK、CO2排出量 詳細把握

製造業の間でこれまで対策が難しかった分野に踏み込んで温暖化ガス削減をめざす動きが広がってきた。凸版印刷は液晶パネル製造用ガスの代替技術を確立し、年内にも導入する。YKKはロット単位で生産時の二酸化炭素(CO2)排出量を把握できるようにする。部材調達の際に環境負荷低減の取り組みを評価する動きが出てきており、取引先の「選別」に先回りして対応する。・・・」





環境対策をはじめ企業にはさまざまな社会的な規制があります。
これに伴い銀行には融資の社会性に適合するような運営が求められています。
つまり環境を害する反社会的な事業活動を行っている企業に対して、融資は慎重にならざるを得なくなるのです。
銀行自身が環境を害する活動を行っていないにしても、融資先が環境を害する活動を行っているのであれば、「○○銀行は環境を害する企業を支援している」などといった社会的批判を受けかねないからです。

環境対策に限らず、法令順守に従わない企業も同じことです。
違法行為を行っていることが判明すれば、それだけで銀行融資は受けられなくなる可能性がますます高まってくると思われます。
法令順守や社会性は銀行融資の大前提となってきています。

photo by: jojobombardo




◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%