割引手形が不渡りになると買戻し義務が発生します

投稿日:

ホーム銀行融資の基礎>割引手形が不渡りになると買戻し義務が発生します

割引手形というのは、支払期日がまだ先の受取手形を銀行等に買取をしてもらい、支払期日を待たずに現金化する方法で、融資の1つです。
そして支払期日にその手形が通常通り決済(支払人が支払うこと)されることで、割引という融資が完済されることになります。

もし支払期日に手形が決済されない、つまり支払人が手形代金を支払うことが出来ずに「不渡り」になると、銀行は割引という融資の返済が受けられないことになります。
このような事態になった場合には、銀行はその手形を割引の依頼人に買い戻すよう求めることになります。
つまり割引という融資の返済を手形の買戻しという形で求めることになります。
手形の支払期日から実際の手形の買戻しまでの延滞利息も発生します。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の基礎
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.