「きちんと遅れずに返済しているではないか!」

ホーム銀行融資審査マンの心理>「きちんと遅れずに返済しているではないか!」

融資審査での交渉時に時々「きちんと遅れずに返済しているじゃないか!」と主張される社長さんがいらっしゃいます。
現在の融資を遅れずにきちんと返済されていること自体は、ある意味、実績として考えることは出来ます。
しかし銀行員としての正直な感想は「きちんと遅れずに返済するのは当たり前ではないか!」です。
きちんと遅れずに返済するのは新たな融資の審査のスタート地点であって、決して一歩、あるいは二歩進んだ地点ではありません。
これが銀行員の正直な感想です。





融資を遅れずに返済することは銀行との約束事です。
その約束事を守って、はじめて次の融資を検討することが出来ます。
延滞してれば、次の融資の検討などあり得ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達