代表者のローン延滞で会社宛融資が出来なくなることがあります



ホーム銀行融資と経営者の関係>代表者のローン延滞で会社宛融資が出来なくなることがあります

中小企業は会社とその代表者が実質は一体であるとの認識を銀行は持っています。
このことにより、会社宛の融資審査においてその代表者の状況も一定の影響を与えることとなります。

一例ですが、代表者宛に住宅ローンなどの個人ローン取引があり、そのローンの返済が延滞している、あるいは最近延滞の実績がある場合です。
会社宛にすでに融資がある場合において、新たな融資を銀行が検討する場合、現在の融資の返済状況は当然に審査のチェック項目になります。
現在の融資が延滞している、あるいは延滞実績が最近あった場合には新たな融資に慎重にならざるを得ません。

さらにその代表者宛にもローンなどの融資がある場合には、そのローンの返済状況も会社宛の融資審査において考慮しなければなりません。
なぜなら中小企業においては会社とその代表者は実質一体と考えるからです。
代表者宛のローンが延滞している、あるいは延滞実績がある場合には、やはり総合的に考えて会社宛の融資には慎重にならざるを得なくなるのです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。