資金繰り改善マニュアル 受取手形の活用

ホーム資金繰り改善マニュアル>資金繰り改善マニュアル 受取手形の活用

売上金の回収が現金や振込ではなく、手形で受け取ることはよくあることです。
手形は現金そのものではありませんから、資金繰り改善にはむしろ逆効果なのですが、ちょっとした工夫で資金繰りの改善に効果を発揮してくれます。

手形には支払期日が定められており、原則としてその支払期日にならないと現金化することが出来ません。
そこで銀行に手形の割引を依頼すれば、銀行に一定の利息の支払が発生するものの、手形の支払期日までに現金化することが出来ます。
売上金を振込で回収する場合は、相手先との契約で振込されてくるのが、1ヶ月も2ヶ月も先であることはしばしばあることです。
一方で手形割引は手形さえ手元にあれば、それを銀行で割引してもらえる可能性がありますから、振込入金よりも早期に現金を手に入れることも可能なのです。

ただ銀行がその手形の割引に応じてもらえるかどうかはわかりません。
しかし銀行側から見れば、手形割引は銀行融資の基本であり他の融資形態に比べて「融資しやすい」形態ですから、一度取引銀行に相談してください。
長期の運転資金融資は難しくても手形の割引なら可能、ということは実務の上でもよくあることです。





手形の割引以外に手形の活用方法としては、受け取った手形をそのまま仕入先への支払代金として渡す方法があります。
これを手形の裏書と言っています。
手形は「手形・小切手法」という法律によって定められているとおり、一種の有価証券で、現金と同じく流通の機能を持っています。
わかりやすく言えば、現金そのものではないものの、一種の「準現金」なのです。
ですから売上先から受領した手形を一定のルールで裏書することによって、その手形を今度は仕入先への支払代金として渡すことが認められているのです。
手形で支払うことが出来れば現金を使う必要はないわけですから、資金繰りを楽にすることが出来るのです。

なお手形を受け取る場合はなるべく分割して受け取ったほうが後々便利です。
例えば1,000万円の売上代金を手形で受け取るとします。
この場合は手形額面が1,000万円の手形では銀行に「金額が大きすぎる」ということで割引に応じてもらえないかもしれませんし、支払先に手形を裏書して支払うにしても、仕入代金が300万円であれば、額面1,000万円の手形は使えません。

これを手形額面1,000万円の手形1枚ではなく、例えば300万円、300万円、400万円の3枚に分けてもらえれば使い勝手がよくなります。
銀行に1,000万円の手形では金額が大きすぎると言われて割引に応じてもらえなくても、300万円の手形では割引に応じてももらえる可能性が高まります。
また仕入代金300万円を手形裏書にて支払うことも可能となるのです。

手形もちょっとした工夫で資金繰りの改善に効果をもたらしてくれるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%