電話一本で「月末に資金が足りないので融資を検討してほしい」はないでしょ

投稿日:

ホーム銀行とのつきあい方>電話一本で「月末に資金が足りないので融資を検討してほしい」はないでしょ

今日、ある融資先の社長から「月末に資金が足りないので融資をお願いしたい。大丈夫だよね?」と電話がかかってきました。
簡単に電話一本だけで融資の依頼を受けた場合、往々にして銀行員が抱く感想は
・電話だけで融資の依頼はないでしょ
・なぜ必要なのかを説明してほしい
・足元の業績はどうなのかを説明してほしい
・電話だけで融資が受けられると思っているのですか?
などです。

もちろん電話の際、近日中に打ち合わせの場を持ちたいというフレーズがあれば良いのですか、いかにも電話だけで融資依頼が完結するような依頼に銀行員は反発心を抱いてしまいます。
融資を実行するには銀行内で稟議が必要です。
業績の良し悪しに関係なく稟議は必要で、書類を右から左に移すだけでは終わりません。
・過去の決算状況はどうなのか?
・足元の業績の状態はどうなのか?
・資金使途は何か?
・返済は可能なのか?
・利率などの条件面はどうするのか?
など多岐にわたる項目を稟議書では記載する必要があります。
上司から質問があれば、当然それに答えなければ稟議は前へ進みません。
そのような銀行員にとって手数がかかる仕事を簡単に電話だけで依頼されても銀行員は困惑してしまうのです。

さしあたり電話で銀行に融資の依頼をしても、その後にきちんと打ち合わせの時間を取る旨を伝えておくことが、スムーズに融資が受けられる1つのコツだと思います。

photo by: alanclarkdesign


-銀行とのつきあい方
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.