2か月前に融資したばかりなのに、もう追加の融資要請ですか・・・

投稿日:

ホーム資金繰りの悩み事例>2か月前に融資したばかりなのに、もう追加の融資要請ですか・・・

ある運送業の中小企業から融資の要請を受けました。
この中小企業にはおよそ2か月前に当面の資金繰りを確保するために運転資金を融資している先です。
それから2か月。

2か月という期間は銀行融資の世界においてはつい先日のことと同じです。
2か月前に融資をして、再び融資の要請を受けるということは資金繰りはたった2か月しか持たなかったということです。
このような状況に陥った場合、銀行が考えることは、
・資金繰りが短期間しか持たないということは赤字であること
・仮に追加融資に応じても、また同じことになるのではないか
・資金繰りが改善する見込みはあるのか
など悪いことばかりです。

往々にして上記のような状態になった場合に銀行が追加融資に応じることは稀です。
したがって当初の融資、ここでは2か月前の融資を受ける前に次の事柄を確認したり、銀行と詰めておくことが大切です。
・資金繰り状況の精査
・資金繰りが営業段階で赤字かどうか
・資金繰りが営業段階で赤字の場合には、融資によりも抜本的な改善策が優先
・融資によって資金繰りが最低でも6か月以上は確保出来るのか
・融資がその場しのぎの資金繰りにしかならない場合には他の手段はどうすれば良いのか

photo by: Aaron Jacobs

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-資金繰りの悩み事例
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.