所有不動産売却による抜本的な債務圧縮を検討

ホーム他社の資金繰り事情に学ぶ>所有不動産売却による抜本的な債務圧縮を検討

古くから取引のある運送業者があります。
この会社の弱点は借入金が多いこと。
借入金の総額は年商にせまる水準となっています。
業歴が古いこともあり顧客基盤は確立されており、業績自体は比較的安定していると言えます。
しかし車両の調達や配送センター保有などの設備投資負担が大きく、これが原因で借入金が過大となっています。
返済のために新たな借入をせざるを得ない資金繰り状態であるため、借入金総額はここ数年さらに増加傾向にあります。

先日、この社長と面談をしました。
借入金の返済を除けば、資金繰り自体は回っています。
しかし借入金の返済分はほとんど全額を借入しなければ、返済を続けていくことが難しい状態でした。
この社長とは前々から借入金の抜本的な削減を相談していました。
今の状態では少しも借入金が減少しません。
また今後も従来のように返済のための新たな融資が受けられる可能性もありません。

社長には現在は空き家となっている以前のご自宅(土地・建物)があります。
さらに配送センターも広すぎるほどの規模で、一部を売却することも可能です。
したがって社長にはこれら必ずしも必要のない不動産を処分して、借入金の返済に充当すれば、抜本的に借入金が削減され毎月の返済負担も大幅に軽減されることを提示していました。
そうすれば、借入金返済のために新たな融資を受けなければならないという精神的な負担も軽減されます。

購入価格よりも売却可能性のある価格が低いため、社長としては躊躇をしていたのですが、いつまで経っても減らない借入金負担を抜本的に軽減するために、この社長から売却することを決めた旨の連絡を受けました。

もし不要で処分可能な資産があれば、それらを売却して借入金を抜本的に減らすことが有効な対策です。
不動産などの大きな資産でなくても、有価証券、必要以上の保険などが見直しの対象となります。

photo by: Aaron Jacobs
◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス