取引振りの悪化は銀行の融資姿勢を消極的にする場合があります

ホーム銀行融資審査マンの心理>取引振りの悪化は銀行の融資姿勢を消極的にする場合があります

取引振りと銀行融資審査取引振りとは融資取引以外の銀行との取引のことです。
代表的なものは預金口座の利用です。
売上の入金口座として利用することや、いろいろな支払いの振込に預金口座を利用することです。
預金口座の残高の推移や入金状況などは銀行の与信管理に大いに役立つものであり、融資先の足元の業況を直接的に把握することが出来ます。
毎月の入金額が減少しているとか、預金残高が減少しているなどの兆候は融資先の業績の悪化を示すものです。





銀行融資の審査の中心は決算書による財務内容の分析です。
しかし決算書に示された数字はあくまでも過去の数字です。
融資審査時点の融資先の業況は大きく変化しているかもしれません。
前期決算内容が良好で、銀行は融資に積極方針を取っている場合であっても、預金残高が急激に減少しているなど、足元の業績の悪化が懸念される場合には融資姿勢を消極方針に変更するケースもあります。
もっとも、融資提案の機会と捉えて逆に積極的な融資の売り込みを行う場合もあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%