足許の業績把握は銀行融資審査に欠かせません

ホーム銀行融資の審査に関すること>足許の業績把握は銀行融資審査に欠かせません。

銀行融資の審査の基本は決算書の分析による判断ですが、決算書というのは過去の数字です。
決算書だけでの判断では過去の状況に基づいてのみ融資是非を検討することになってしまいます。
当然、過去の数字を把握したうえで、足許の業績はどうなっているのかを銀行としては把握したいところです。
前期の決算内容は良好でも、足許の業績が大きく悪化していることも考えられるからです。





足許の業績動向を判断するのに欠かせないのが試算表です。
試算表も過去の数字であるのですが、少なくとも前期決算以降の業績動向を見ることは出来ます。
決算から一定期間が経過している場合には、銀行としては試算表の提出を求めたくなります。
融資審査に厳格なところは試算表の提出がないと融資をお断りする銀行もあります。
前期決算から少なくとも半年が経過している場合には、融資審査に試算表は必須だとお考えいただいた方がよろしいかと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%