試算表を作成していない場合、最低でも月商の推移を

ホーム銀行融資の受け方>試算表を作成していない場合、最低でも月商の推移を

試算表は決算以降の融資先の業績状況を把握する資料として、銀行は重視しています。
また試算表は経営チェックにとっても重要な資料です。
ただし残念なことに、試算表を作成していない、あるいは年に数回程度しか作成していない中小企業が少なくありません。





その場合ですが、最低でも月別の売上高の推移は銀行に伝えてください。
経営者の中には売上状況などをすべて税理士に任せているなどと言われて、ご自身の頭の中に入っていないケースに遭遇することがあります。
このような場合、銀行は「話にならない」と考えます。
経営者自身が最低限の売上状況すら把握していないようでは、とても安心して融資が出来る取引先とは考えられないからです。

試算表を毎月作成していることがベストですが、そうでない場合には最低限売上高の推移は銀行にすぐに提示出来るように整理をしておいてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%