試算表を作成していない場合、最低でも月商の推移を

投稿日:

ホーム銀行融資の受け方>試算表を作成していない場合、最低でも月商の推移を

試算表は決算以降の融資先の業績状況を把握する資料として、銀行は重視しています。
また試算表は経営チェックにとっても重要な資料です。
ただし残念なことに、試算表を作成していない、あるいは年に数回程度しか作成していない中小企業が少なくありません。

その場合ですが、最低でも月別の売上高の推移は銀行に伝えてください。
経営者の中には売上状況などをすべて税理士に任せているなどと言われて、ご自身の頭の中に入っていないケースに遭遇することがあります。
このような場合、銀行は「話にならない」と考えます。
経営者自身が最低限の売上状況すら把握していないようでは、とても安心して融資が出来る取引先とは考えられないからです。

試算表を毎月作成していることがベストですが、そうでない場合には最低限売上高の推移は銀行にすぐに提示出来るように整理をしておいてください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の受け方
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.