移転登記 住宅ローン用語集

投稿日:

ホーム住宅ローン用語集>移転登記 住宅ローン用語集

移転登記とはある権利を持っていた人から他の人へ権利が移転したことを登記することです。
住宅ローンでよくある移転登記は所有権の移転登記です。

中古住宅を購入するとします。
現在の中古住宅の所有者をAさんとします。
この物件をあなたがAさんから購入した場合、所有の権利がAさんからあなたに移転します。
この所有権の移転を第三者にも対抗するためには、不動産登記上において所有権の移転登記を行っておく必要があります。
そうでないと、実態は所有権があなたに移っているのに、不動産の登記上はあなたの所有権ではなく、元の所有者のAさんの所有権のままです。
通常の実務においては、不動産売買時に司法書士さんも同席し、売買成立後その日のうちに司法書士さんが法務局に出向いて所有権の移転登記を行いますので、それほど心配する必要はありません。

photo by: james.thompson

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローン用語集
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.