現金勘定で決算粉飾


ホーム銀行員の決算書分析>現金勘定で粉飾

決算書上に記載されている現預金勘定は文字通り、決算時点に手元にある現金と銀行預金の金額を計上したものです。
ところが時折、「過大なのでは?」と感じる水準に遭遇することがあります。
銀行預金の金額を過大計上することは難しい反面、現金勘定は第三者には実態の金額を知ることが難しいですから、比較的容易に操作をすることが出来ます。

実際にあった実例では運送業の会社で現金が数千万円の金額で決算書上に掲載されていたことがありました。
これが事実だとすると、決算時点において会社の金庫に数千万円の現金が保管されていたことになります。
例えば貴金属の買い取り業であれば、金庫に数千万円の現金が保管されていても不思議ではありません。
しかし運送業において数千万円の現金を用意しておく必要性はないはずです。

この実例においてはもちろん数千万円の現金が手元にあったわけではなく、長年の使途不明の金額を便宜上、現金勘定に掲載されていたものでした。
これは粉飾です。
このような事実が銀行の知るところとなった場合には、追加融資をすることはありません。
既存の融資を回収するだけです。

photo by: Aaron Jacobs
◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト