売掛債権回転期間3ヶ月以上は要注意

投稿日:

ホーム銀行員の決算書分析>売掛債権回転期間3ヶ月以上は要注意

売掛債権回転期間とは決算書から導き出すことが出来る「売上を最終的に現金で回収するまでの平均期間」です。
この数値が短期間であればあるほど、売上を短期間に現金として回収出来るということですから資金繰りも楽なはずです。
逆にこの数字が長期間であればあるほど、売上を最終的に現金にて回収出来るまでの期間が長いということですから、資金繰りを圧迫します。

この売掛債権回転期間は業態により異なります。
ただ私は数えきれないほどの決算書を目にしていますが、多くの取引先の売掛債権回転期間は3ヶ月未満です。
3ヶ月以上というところは少ないと考えています。
そして売掛債権回転期間が3ヶ月以上の場合には、売掛金の中に回収が出来ない債権が含まれていたり、受取手形に不渡手形に含まれていたりなどのケースが少なくありません。

売掛債権回転期間が3ヶ月を超えると、銀行員から詳細な質問が来ることを予期してください。
また経営的にも売掛債権回転期間が3ヶ月を超えた場合には、回収が滞っている先はないかなど、チェックが必要な水準です。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行員の決算書分析
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.