会社員から個人事業主へ転向時の住宅ローンについて

ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>会社員から個人事業主へ転向時の住宅ローンについて

質問
昨年まで会社員をしておりましたが、現在、独立し個人事業主として仕事を行っています。
その際の住宅ローンでの審査はどのように行うのでしょうか?
現時点での審査ということであれば、確定申告書がやはり過去3年分が必要ということになりますか?
現時点では3年未満のため、3年先でないと審査対象としては難しいのでしょうか?

回答
住宅ローンの審査ではいくつかのポイントがありますが、その中で重要な項目に「収入の安定性」があります。
住宅ローンはご案内の通り、超長期の返済を前提にしていますから、何よりも「収入の安定性」を金融機関は重視するのです。

個人事業主さんについては一般的にはサラリーマンに比べて、収入の安定性が劣るとみなされてしまいます。
そのため審査時には1期のみではなく3期など複数の収入状況を見て収入の安定性を判断することになります。
3期なければ絶対にダメという基準はないと思いますが、逆に1期や2期だけではなかなか収入の安定性を判断しづらいというのが正直なところです。
従いまして、現実的には3期が経過するのを待っていただくことになります。

photo by: james.thompson
◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。