会社員から個人事業主へ転向時の住宅ローンについて

投稿日:

ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>会社員から個人事業主へ転向時の住宅ローンについて

質問
昨年まで会社員をしておりましたが、現在、独立し個人事業主として仕事を行っています。
その際の住宅ローンでの審査はどのように行うのでしょうか?
現時点での審査ということであれば、確定申告書がやはり過去3年分が必要ということになりますか?
現時点では3年未満のため、3年先でないと審査対象としては難しいのでしょうか?

回答
住宅ローンの審査ではいくつかのポイントがありますが、その中で重要な項目に「収入の安定性」があります。
住宅ローンはご案内の通り、超長期の返済を前提にしていますから、何よりも「収入の安定性」を金融機関は重視するのです。

個人事業主さんについては一般的にはサラリーマンに比べて、収入の安定性が劣るとみなされてしまいます。
そのため審査時には1期のみではなく3期など複数の収入状況を見て収入の安定性を判断することになります。
3期なければ絶対にダメという基準はないと思いますが、逆に1期や2期だけではなかなか収入の安定性を判断しづらいというのが正直なところです。
従いまして、現実的には3期が経過するのを待っていただくことになります。

photo by: james.thompson

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-経営者・自営業者の住宅ローン
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.