住民税滞納で口座が差し押さえになりました

投稿日:

ホーム個人信用情報に関すること>住民税滞納で口座が差し押さえになりました

質問
住民税滞納で口座が差し押さえになりました。
残高から税金分が差し引かれて支払いは終了したものの、当銀行で作ったクレジット機能付きのキャッシュカードはもう使えないので、キャッシュカードのみ作り直すように、銀行から言われました。
クレジット支払いを滞納した事もなく、キャッシングを利用した事や、ローンなども無かったのですが、住民税滞納による口座の差し押さえは信用情報などにも事故として情報が記載されるのでしょうか?

回答
住民税滞納による口座差押えは個人信用情報機関に事故情報として登録されることはありません。
しかし口座差押えは信用状態には大きな懸念材料となってしまいます。
したがってその事実を知った銀行やクレジットカード会社としてはクレジット機能を停止する対応を取ります。

なおさきほどもご案内したように、住民税の滞納は個人信用情報に登録されることはありません。
したがって通常では他の銀行やクレジットカード会社は滞納の事実を知ることはありません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-個人信用情報に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.