住宅ローンで親を保証人に付ければ大丈夫な場合とかは有りますか?

ホーム住宅ローンと連帯保証人>住宅ローンで親を保証人に付ければ大丈夫な場合とかは有りますか?

質問
現在、32歳。妻子有りです
6年ほど前に任意整理をし、3年前に完済しております。
近々、住宅ローンを組めるかどうか考え中なんですが、たぶん無理だろうと諦めています。
その場合なのですが、親を保証人に付ければ大丈夫な場合とかは有りますか?
補足として、最近クレジットカード等を何社か申し込んだ所作れるようになりました。メな所も有りました。
これは事故情報が無くなっているのでしょうか?

回答
住宅ローンを含めておよそ融資の審査に共通することですが、保証人有無の前に、まずご本人の返済能力ありきが審査の原則です。
ご本人の返済能力が認められて、はじめて個別のケースによって保証人の必要・不要が判断されます。

任意整理をされたということですが、任意整理自体は個人信用情報の登録対象にはなりませんが、返済方法の変更等が何らの形式で個人信用情報には登録されます。
そしてほとんど場合、その情報は残念ながら事故情報とみなされます。
そしてその情報は完済から5年経過後に削除されます。
完済後、3年が経過した時点ではまだ登録されているものと考えられます。

住宅ローンについては個人向けローンの中でもっとも審査が厳しいものであり、現時点ではご利用は難しいものと思われます。
そしてご本人の審査がまずありきですから、保証人さんをつけたとしても結果は同じです。

個人信用情報は開示請求を行うことが出来ます。
ご自身で情報を確認してみてはいかがでしょうか。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。