信用保証協会のブラック情報は都道府県が違っても共有されていますか?

投稿日:

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会のブラック情報は都道府県が違っても共有されていますか?

質問
信用保証協会でブラックの場合、都道府県が違っても情報は共有していますか?

回答
各信用保証協会は「全国信用保証協会連合会」の傘下にあります。
各信用保証協会の情報がすべてこの「全国信用保証協会連合会」に集約されているかどうかは私にはわかりませんが、少なくともネガティブな情報は共有されているはずです。

私が以前担当していた取引先は本社所在地の都道府県以外のところに支社を有していました。
そのためこの取引先は本社所在地の信用保証協会と支社所在地の別の信用保証協会の2つの信用保証協会の保証を利用していました。
ある日、私が本社所在地の信用保証協会に追加の保証可能性の有無を照会した際に、支社所在地の信用保証協会の利用残が多いため、無理だとの回答を受けました。
つまり信用保証協会は他の信用保証協会の情報を知ることが出来るということです。

従いまして別の信用保証協会の利用の場合でもやはり難しいと考えます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会保証付融資Q&A

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.