信用保証協会のブラック情報は都道府県が違っても共有されていますか?

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会のブラック情報は都道府県が違っても共有されていますか?

質問
信用保証協会でブラックの場合、都道府県が違っても情報は共有していますか?

回答
各信用保証協会は「全国信用保証協会連合会」の傘下にあります。
各信用保証協会の情報がすべてこの「全国信用保証協会連合会」に集約されているかどうかは私にはわかりませんが、少なくともネガティブな情報は共有されているはずです。

私が以前担当していた取引先は本社所在地の都道府県以外のところに支社を有していました。
そのためこの取引先は本社所在地の信用保証協会と支社所在地の別の信用保証協会の2つの信用保証協会の保証を利用していました。
ある日、私が本社所在地の信用保証協会に追加の保証可能性の有無を照会した際に、支社所在地の信用保証協会の利用残が多いため、無理だとの回答を受けました。
つまり信用保証協会は他の信用保証協会の情報を知ることが出来るということです。

従いまして別の信用保証協会の利用の場合でもやはり難しいと考えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。