信用保証協会のブラック情報は都道府県が違っても共有されていますか?

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会のブラック情報は都道府県が違っても共有されていますか?

質問
信用保証協会でブラックの場合、都道府県が違っても情報は共有していますか?

回答
各信用保証協会は「全国信用保証協会連合会」の傘下にあります。
各信用保証協会の情報がすべてこの「全国信用保証協会連合会」に集約されているかどうかは私にはわかりませんが、少なくともネガティブな情報は共有されているはずです。





私が以前担当していた取引先は本社所在地の都道府県以外のところに支社を有していました。
そのためこの取引先は本社所在地の信用保証協会と支社所在地の別の信用保証協会の2つの信用保証協会の保証を利用していました。
ある日、私が本社所在地の信用保証協会に追加の保証可能性の有無を照会した際に、支社所在地の信用保証協会の利用残が多いため、無理だとの回答を受けました。
つまり信用保証協会は他の信用保証協会の情報を知ることが出来るということです。

従いまして別の信用保証協会の利用の場合でもやはり難しいと考えます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%