銀行融資の基本

粉飾決算を修正後どれくらいしたら銀行融資が受けられますか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>粉飾決算を修正後どれくらいしたら銀行融資が受けられますか?

粉飾決算を一度行ったら二度と融資が受けられないということはありません。
しかしいつからというのは非常に難しい問題です。

粉飾決算を経営者自らが主導的に行っていたと認められる場合には、ほぼ永久的に銀行融資を受けることは難しいとお考えください。
一方で経営者自身はほとんど税理士に決算を任せており、粉飾には関与していないケースにおいては、例えばその税理士から別の税理士氏に交代し、3から5年程度の時間が経過すれば、再び銀行融資が受けられる可能性が出てきます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.