信用保証協会の連帯保証は解除は出来ませんか?

ホーム信用保証協会と連帯保証人>信用保証協会の連帯保証は解除は出来ませんか?

質問
役員を解任されました。
その会社は信用保証協会の保証付融資を受けていますが、私と社長、それにもう一人の役員が連帯保証人になっています。
社長ともう一人の役員は再任され、私だけが再任されませんでした。
何の権限のないのに連帯保証の責任だけが残っているのは理解出来ません。

回答
信用保証協会の保証付融資の連帯保証人を途中で変更することは現実的にはなかなか困難なことです。
本件の場合でいえば、連帯保証人を3名徴求することを条件に信用保証協会の保証決定がなされているからです。
ただしもう会社の経営とは関係ない立場なのに、連帯保証という重い責任だけが残るというのも合理的ではない面が確かにあります。
したがって会社の経営とは全く関係がなく、融資の返済にも支障がないことなどの条件が整えば、例外的に連帯保証が解除されることもあります。

銀行融資の実務で多いのは融資を借り換えることで、実質的に連帯保証から外れる方法です。
ご質問のケースで申し上げれば、現在連帯保証人となっている融資を、社長ともう一人の役員だけを連帯保証人とする新しい融資によって借換するのです。
このことによってご質問者さまが連帯保証人となっている融資は完済されますから、もう保証しなければならない融資そのものが存在せず、実質的に連帯保証から外れることになるのです。
この方法が現実的には最もお勧めですので、一度社長と相談してみてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。