住宅ローンを借りる際は、住宅ローン以外のローンが一切あってはだめですか?


2012年11月24日

ホーム住宅ローンの審査基準>住宅ローンを借りる際は、住宅ローン以外のローンが一切あってはだめですか?

住宅ローン以外のローンが一切あってはだめということではないのです。
問題は住宅ローン以外のローンを含めて、今後きちんと返済をすることが出来るかどうかが大切なのです。

ローンの返済能力を考える際には、まず新規に借入する住宅ローンの年間返済額(=①)を算出します。
さらに現在すでに借入しているローンの年間返済額(=②)を算出します。
そしてこの①と②を合計したものを年収(税込みです)で割ります。
これが返済負担率などと呼ばれているものです。
この返済負担率のパーセントが基準以内かどうかが住宅ローンの審査の明暗を分けるといっても過言ではありません。
よく「カードローンを解約してください」とか「クレジットカードを解約してください」という条件が付くのはこの返済負担率を基準以内に収めるためなのです。

したがって住宅ローン以外のローンがすでにあっても、返済負担率が基準以内に収まるのであれば、基本的に問題にはなりません。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%