銀行融資用語集 担保価格


2012年12月23日

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 担保価格

不動産担保を例にとって説明します。
銀行が不動産を担保に取る場合、まずその不動産の時価を算出します。
不動産の価格は変動しますから、時価をそのまま担保の価値とはせず、将来値下がりする可能性があることから保守的に考えて、時価を一定の割合で「値下げ」します。
この時価を値下げした不動産の価格が担保価格となります。
また一定の割合のことを掛目などと呼んでいます。

例えば時価1億円の不動産については、7,000万円とか8,000万円ぐらいを担保価格として銀行は考えます。
時価は高いのに銀行は保守的な価格で担保価値を考えるのです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%