住宅ローン借入額は返せる額で決める

更新日:

ホーム住宅ローンの借入可能額>住宅ローン借入額は返せる額で決める

住宅ローンの相談に来られるお客さんのパターンで多いのが「いくらまで借りられるか?」というものです。
住宅ローンはご存知のとおり多額の借入であり、借入後長期間にわたって毎月の返済が伴うものです。

したがって住宅ローンを検討するにあたっては「いくらまで借りられるか?ではなく「いくらなら返せるか?」と目線で住宅ローンを検討されるべきと考えます。

1つの例をもとに考えて見ましょう。
年収500万円の人が住宅ローンを検討しているとします。
現在借入はまったくなく、住宅ローンの返済はボーナス返済なし、つまり毎月の返済のみの方式で検討しているとします。

住宅ローン審査の返済比率はあくまでも一般的な水準

住宅ローンの審査にあたっては返済比率(収入基準)というものがあります。
収入に占める返済の割合の基準のことです。
銀行によって基準の水準は異なりますが、おおむね30%から35%に設定しているところが多いです。
返済比率というのは貸し手の銀行側が「このくらいの返済比率であればまず問題なく返済出来るだろう」と考える指標とも言えます。

返済比率を30%とすると、年収500万円の場合、30%は150万円となります。
つまり年間返済額は150万円、月々125,000円の返済です。
月々125,000円の返済で期間35年、金利3%の住宅ローンの借入可能額はおよそ3,240万円となります。

つまり銀行の審査基準上では住宅ローンを3,240万円までは借入出来るということになるわけです。

しかしここで考えてください。
上記の住宅ローン借入可能額3,240万円というのは、あくまで銀行の審査上の話です。
月々125,000円の返済を前提とした借入可能額です。

本当に月々125,000円の返済が可能ですか?
人によってそれぞれ事情は異なります。
月々125,000円の返済は可能だという人もいらっしゃれば、「うちは医療費が他の家庭と比べてかかるから、そこまでの返済はきつい」という事情の人もいらっしゃることでしょう。

住宅ローン借入額は借りられる金額ではなく返せる額で決める

住宅ローンの借入額の検討にあたっては、ある程度余裕を持って返せる金額を算出し、その上で住宅ローン借入可能額を計算された方がよいと思います。

その上で年収の3割の金額と余裕を持って返せる年間返済額の少ないほうを基準にして住宅ローン借入額を決めることが安心・安全な住宅ローンの検討方法です。

そして住宅ローン借入可能額に自己資金(頭金)をプラスしたものがマイホーム購入の予算となります。
マイホームの予算のあらかじて決めた上で物件情報の収集やモデルルームに足を運ぶようにしましょう。

予算を決めないままモデルルームに行ってしまうと、不動産会社の営業マンさんからの積極的なセールスやその場の雰囲気に押されしまい、ついつい高額な物件を購入しがちです。
そうなると住宅ローンの借入額を引き上げねばならないことになります。
住宅ローン借入額が多くなれば、その分毎月の返済額も多くなります。
月々返済していくのはあなた自身です。
決して銀行や不動産会社ではありません。

住宅ローンを審査する側からのワンポイントアドバイス

住宅ローンの審査において上記で説明したように、収入に対する返済額の割合、つまり返済比率というものがあります。
銀行によって基準は異なりますが、おおむね返済比率は30%から35%としているところが多いと思います。

この返済比率は「これくらいの負担なら毎月の返済は可能」と銀行が一般的に考えている水準です。
別の言い方をすれば、銀行は審査において申込みをされた人それぞれの資金状態を細かくは見ません。
あくまで一般的な考えによって審査をしているのです。

したがって銀行の審査が通っても、人によっては返済負担が非常に重く、月々の住宅ローン返済に四苦八苦されることもあると思います。

住宅ローンの返済はとても長い期間続きます。
銀行の返済比率の審査基準では無理がある人もいらっしゃると思います。
無理な住宅ローン借入は長期間にわたってお金のやりくりに苦労することになります。
銀行の審査は通ったものの、無理な住宅ローンを組んだために後日返済が滞り、大切なマイホームを失ってしまう人がたくさんいらっしゃいます。

住宅ローンを返済するのは借入した人自身です。
返済出来るかどうかは、実は銀行ではなくご本人自身が一番わかっていることです。

このことを忘れずに住宅ローンの借入額を検討されることをおすすめします。

-住宅ローンの借入可能額
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.