競売代金の充当について~プロパー融資と信用保証協会保証付融資


ホーム銀行融資と担保>競売代金の充当について~プロパー融資と信用保証協会保証付融資

質問
プロパー融資と信用保証協会付融資(無担保融資)が複数あり根抵当を実行され競売になった場合、代金の充当は保証協会付融資は無担保融資であればプロパー融資に優先して充当されるのでしょうか。

回答
不動産担保が設定されている状態で、プロパー融資と無担保扱いの信用保証協会保証付き融資が存在する場合、不動産の競売代金はプロパー融資に優先して充当されるのが原則です。
プロパー融資に充当しても、なお競売代金が余る場合には信用保証協会保証付き融資に充当されます。

なお銀行が設定している不動産担保の充当を信用保証協会が優先する取り扱いで保証付融資を実行しているケースが少なくありません。
例えば銀行が融資先の本社不動産に根抵当権で5,000万円を設定しているとします。
この5,000万円の充当方法について、先に信用保証協会が3,000万円を取り、これに劣後して銀行が残りの2,000万円を取ることを条件に信用保証協会から3,000万円の保証を得て融資を実行するという方法です。
このような取り決めがなされている場合には、競売代金から先に3,000万円が信用保証協会の保証付融資の回収に充当され、残りがあればはじめてプロパー融資の回収に充当されます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト