住宅ローンの借入限度額

更新日:

ホーム住宅ローンの借入可能額>住宅ローンの借入限度額

住宅購入を考えるにあたって、住宅ローンで一体どれくらい借入が出来るかは購入額の予算とも関係してきますから非常に気になるところだと思います。

住宅ローンの借入限度額は年収と年間の返済額の2つによって決まります。
年間の返済額を年収で割ったものを返済比率などと呼んでいますが、銀行の住宅ローン審査においては、この返済比率が規定内に収まっているかどうかを審査しています。
返済比率の基準はその人の年収や、取り扱う各銀行によって異なりますが、おおむね30%~40%の範囲内です。

ここでは返済比率を堅めの30%として住宅ローンの借入限度額の目安を簡単に計算できる方法をご案内します。
前提条件として住宅ローンの借入期間は30年で返済方式は元利金等方式とします。
そして利率は4%とします。
100万円の住宅ローンを期間30年・金利4%で借入した場合の年間返済額は57,288円となります。

手順1
税込年収の30%を計算する→年間返済額

手順2
手順1で計算した年間返済額を57,288円で割って、さらに100万円を掛ける→住宅ローン借入限度額

たったこれだけです。

具体的に年収400万円のケースを考えて見ます。
手順1
400万円×30%=120万円

手順2
120万円÷57,288円×100万円
=2,094万円

したがったこの場合の住宅ローンの借入限度額は2,094万円となります。

年収500万円の場合だと
手順1
500万円×30%=150万円

手順2
150万円÷57,288円×100万円
=2,618万円

したがってこの場合の住宅ローンの借入限度額は2,618万円となります。

つまり
年収400万円の場合→住宅ローン借入限度額は2,094万円
年収500万円の場合→住宅ローン借入限度額は2,618万円

要するに概ね年収の5倍が住宅ローン借入限度額の目安となります。

なおあくまでもローンの返済は住宅ローンの返済だけで、他のローン借入がない場合です。
他のローン借入がある場合は、そのローンの返済額も考慮されますので、実際の住宅ローン借入限度額は減少することになりますので、ご注意ください。

審査する側からワンポイントアドバイス

住宅ローンの審査基準の返済比率を計算するにあたっては、住宅ローンのみならず、他のローンなどの借入がある場合はその返済分も含めて返済比率を計算することになります。

したがって他のローンの利用があると、住宅ローンが希望額に至らないケースはよくあることです。
他のローンの残高には現在は使用していなくてもカードローンの借入限度額やクレジットカードの借入限度額を合算する場合があります。

したがって住宅ローンの申込みをするにあたっては、事前に不要なカードローンやクレジットカードは解約しておくほうが安心です。



-住宅ローンの借入可能額
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.