サラリーマンの僕が資金使途自由(適当な名目、エビデンス資料なし)ではお金を借りる事は出来るのでしょうか?

投稿日:

ホーム個人ローンと資金使途>サラリーマンの僕が資金使途自由(適当な名目、エビデンス資料なし)ではお金を借りる事は出来るのでしょうか?

質問
現在、銀行で根抵当権(祖父、父)があります。
枠の範囲内で息子のサラリーマンの僕が資金使途自由(適当な名目、エビデンス資料なし)ではお金を借りる事は出来るのでしょうか?
勿論、保証人はありとしても、サラリーマンは資金使途が必ず住宅購入資金、リフォーム資金などと確定しないといけないのでしょうか。
運転資金みたいにはいかないのでしょうか。

回答
銀行によってスタンスは異なりますが、原則として資金使途自由をうたっているローンであっても、申し込み時に資金使途の確認は行われます。
金額が多額であれば、口頭だけではなくエビデンスの提出が求められるのが一般的な取り扱い方法です。
少なくとも私が勤務している銀行ではこのような取り扱い方法となっています。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-個人ローンと資金使途

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.