キャッシングは危ない?


2013年01月15日

ホーム個人の借金全般>キャッシングは危ない?

質問
キャッシングの経験は一度もありません。
この先、数万円ほど足らなくなるかもしれないのでキャッシングの申込みを考えています。
ただ「キャッシングは借金地獄の始まり」などと耳にします。
実際のところ、やはりキャッシングは危ないのでしょうか?

回答
キャッシングが危ないということでは決してありません。
ただ肝に銘じておかなければいけないことは、キャッシングという名称はともかくも借金をすれば、必ず返済をしなければならないという点です。
数万円程度のキャッシングであると、多くの場合「いつでも返せる」と考えがちです。
確かに数万円程度であれば「いつでも返せる」は正しいかもしれません。
この「いつでも返せる」という考えが後の借金地獄を招く一番の原因だと思います。

「いつでも返せる」という思いが次の新たな借金を作ってしまいます。
「この程度ならまだ大丈夫」という考えです。
そして少しずつ借金が常態化していきます。
借金が常態化していくと、これは会社でも個人でも同じことが言えるのですが、借金をする、借金を返すことがいつのまにか資金繰りに組み込まれるようになり、なかなか借金が返せない、借金が減らないという悪循環をもたらします。

こうなってくると当初は「いつでも返せる」程度の借金が「一度には返せない」程度にまで膨らんできます。
借金が膨らむと毎月の返済負担も膨らみます。
収入だけでは賄い切れない返済負担になると、これがまた新たな借金を作ることになります。
こうなると借金地獄はすぐ目前です。

数万円ほどのキャッシングをしても、すぐに一括返済をする。
この気持ちが極めて大切です。

photo by: mdid





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%