売建住宅 住宅ローン用語集

投稿日:

ホーム住宅ローン用語集>売建住宅 住宅ローン用語集

不動産業者などの住宅開発業者が宅地を分譲した後に、購入者と建築請負契約を結び、その宅地に一戸建て住宅を建設して引き渡す方式のことです。
土地を売ってから建てるので「売建」と呼ばれています。
別の呼ばれ方としては宅地を売るときに建物を建築する条件を付けているので「建築条件付き」というもの同じ意味です。
逆に最初から建物が建設されている状態で購入する場合は「建売住宅」と呼ばれます。

売建住宅は建売住宅とは異なり、購入者が自分の希望に沿った設計プランを選ぶことが出来ますが、建築業者はあらかじめ決められています。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローン用語集

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.